HOME 個人情報について
兵庫県教職員組合

佐用町教職員組合
所在地

〒679-5301
佐用郡佐用町佐用2312 教育会館

電話番号

0790-82-2507
050-3386-2507 〔IP電話〕

佐用町教職員組合News

佐用町教職員組合 佐用教組は、佐用町内の小学校6分会と、中学校4分会で構成されています。小規模な地域組合ではありますが、全組合員一致団結して日々活動にとりくんでいます。
 佐用町は、「佐用の朝霧」として全国的にも有名で、年間100日ほど発生するこの霧を一目見ようと多くの人々が訪れます。
 この度、町内に残る「利神城跡」が国史跡の指定を受ける運びとなったというニュースが飛び込み、にわかに歓喜の渦が広がりつつあります。「ホタル」や「ひまわり」、「美しい星空」に続く、観光の目玉としても地域の方々の期待を集めています。現在は、特に「ひまわり」が人気スポットとなっており、1990年から始まった大規模なひまわり栽培は今年で27回目となります。夏には、毎年10万人を超える人たちが佐用の地へ来られます。

2016年度の活動紹介

○青年部

『青年部親睦スポーツ交流会』(2016年11月)
 西播4地域組合が協力して、西播地区交流会として「キンボール大会」を開催しました。西播地区の青年層の教職員が多数集まり、汗を流したり、日頃の実践・意見交流をおこなったりして交流を深めることができました。

○女性部

『女性部学習会』(2016年8月)
 毎年、女性部主催の学習会を開催しています。昨年度も一昨年度に引き続き、講師として、兵教組本部より女性部長を招き、女性部運動の歴史や私たちの権利についての講演会をもちました。今後、組合活動を推進していく意識を高めることができました。

『母と女性教職員の会』(2016年12月)
 「サックスとピアノの極上デュエット」と題して、サックスプレーヤーの藤田麻緒さんとピアノ奏者の佐藤亜衣さんをお招きして演奏会をおこないました。サックスの心地よい音色と相性抜群のピアノ伴奏で、日頃の忙しさや疲れを忘れ、心癒される時間を過ごすことができました。

○教育研究活動

佐用町教職員組合

『教育研究委員会総会』(2016年5月)
 教育研究委員会総会及び全11委員会の分科会を開き、年間活動計画を協議するなど、委員会代表者を中心に、さらなる発展を期して活動を始めています。

佐用町教職員組合

『第66次佐用支部教育研究集会』(2016年8月)
 毎年、保護者や地域の方々にも多数参加していただき、各分会や地域リポーターのとりくみを発表し立場を超えて意見交流をおこなっています。昨年度の講演会では、mottoひょうご事務局長 栗木 剛さんを講師としてお迎えしました。今年度は8月1日(火)に、さよう文化情報センターを会場として開催を予定しています。