HOME 個人情報について
兵庫県教職員組合

兵教組ニュース

<<          10 11 12 13 14 15 16 17 18 >>

教育創造県民会議 「兵庫の教育をよくする県民署名」 277,173名分集まる!

教育創造県民会議   「兵庫の教育をよくする県民署名」 277,173名分集まる!
ゆたかな教育の創造をめざす兵庫県民会議・連合兵庫・兵教組の連名でおこなった「兵庫の教育をよくする県民署名」にご協力いただき、ありがとうございました。
社会経済の不況が家庭にも影響を及ぼし、子どもたちの進路や教育にも差が生じている現状を受け、「教育の水準・機会均等を保障する教育予算の拡充」「子育て支援の充実」「教育政策の充実」等をもとめて県内各地・各団体で署名をおこなったところ、12月16日時点で昨年度を上回る277,173名分の署名が集まりました。これこそが、県民の皆さんの思いを表しているものだと思っております。

短い期間でのとりくみでしたが、本当にありがとうございました。

ひょうご教育フェスティバル(第60次兵庫県教育研究集会) 開催

ひょうご教育フェスティバル(第60次兵庫県教育研究集会) 開催
ひょうご教育フェスティバル(第60次兵庫県教育研究集会) 開催
ひょうご教育フェスティバル(第60次兵庫県教育研究集会) 開催
11月13日(土)~14日(日)の2日間、姫路市において「ひょうご教育フェスティバル(第60次兵庫県教育研究集会)」を開催し、教職員・保護者・子ども・地域住民の方などあわせてのべ約5,400人が参加しました。
全体会は、姫路市立青山小学校吹奏楽部のみなさんのすばらしい演奏で幕を開けました。
開会行事に続く記念講演では、金村義明さん(プロ野球解説者)が「我野球人生~果報は動いてつかめ!~」と題して講演をおこないました。金村さんが熱く語ったその生きざまは参加者に深い感銘を与え、「人と人の『つながり』の大切さをあらためて感じた」「自分らしさを貫いた力強い生き方に勇気づけられた」といった感想が寄せられました。
分科会は、第1分野「子どもを中心にすえた わかる授業、楽しい学校づくり」第2分野「地域と手をたずさえて 子ども・保護者の願う教育改革」と特別分科会「生きる力を育む教育」「フォーラム 児童養護施設と学校・地域の連携」のあわせて26の分科会において、実践にもとづく討議がおこなわれました。合計367本(うち保護者・地域から23本)のリポートが提出されました。
記念事業として「子どもの育ちを考えるシンポジウム」を(財)こども教育支援財団・(財)総合教育研究財団との共催により開催し、約200人の参加がありました。「子どもの豊かな育ちの環境づくり‐子どもの荒れる心に向き合って!‐」をテーマに、子どもの実態やその背景のとらえ方、一人ひとりの育ちを支えるとりくみについて話し合いました。
両日の昼休みに開催したステージ発表では、姫路・神崎地域の子どもや地域の方々により「ギター・マンドリン演奏」「獅子舞」「民族舞踊」「和太鼓演奏」などバラエティに富んだ発表がおこなわれ、参加者から大きな拍手を受けました。
また、展示・体験コーナーでは、ボランティアの参画や諸団体の協力を得て、「姫路と皮革」「レザークラフト教室」「ミツバチの巣 丸かじり体験」など中播・西播地区の特色を生かした様々なコーナーを開設し、子どもの笑い声がひびく「開かれた教研集会」となりました。
本集会で得た成果を今後の実践に生かし、集会のテーマ「いきる つながる みちひらく ~自立と連帯・共生の学びと教育~」の具現をめざしていきます。
集会の開催にあたりご支援・ご協力をいただいた皆様に心よりお礼申し上げます。

第37回教育課程編成講座 開催

第37回教育課程編成講座 開催
第37回教育課程編成講座 開催
第37回教育課程編成講座 開催
第37回教育課程編成講座を六甲スカイヴィラ・六甲山YMCAにおいて開催し、前・後期あわせて約560名が参加しました。
全体会では、兵庫教育文化研究所事務局より、同和・人権教育ブックレット『つながろうやⅠ』(2010年7月 兵庫教育文化研究所刊)を生かした今後のとりくみについて提起をおこないました。
前期の講演会では、冨田 稔さん(天理大学人間学部講師 兵庫教育文化研究所人権教育部会協力研究所員)が「人権の視点に立った教育の継承と創造~同和教育 3つの問い~」と題して講演をおこないました。
後期の講演会では、米田 豊さん(兵庫教育大学大学院学校教育研究科教授 兵庫教育文化研究所社会科教育部会協力研究所員)が「『言語力』の育成と『習得・活用・探究』」と題して講演をおこないました。
分科会では前期(課題別分科会)後期(教科系分科会)あわせて20の分科会に分かれ、全国教研の還流、実践交流、ワークショップ、実技講習等多彩な講座を実施しました。
共生の心を育み、主体的に学び自己実現をはかる子どもたちを育てることをめざすわたしたちにとって、子どもや地域の実態を見つめて創造的な教育課程を編成することは最も重要な課題です。編成講座での学びを生かした実践をすすめ、今秋の第60次兵庫県教育研究集会においてさらに討議を深めます。

総合学習で生きる力を ―兵庫教育文化研究所「新学習指導要領の移行期における実践を考える講座」開催

総合学習で生きる力を  ―兵庫教育文化研究所「新学習指導要領の移行期における実践を考える講座」開催
総合学習で生きる力を  ―兵庫教育文化研究所「新学習指導要領の移行期における実践を考える講座」開催
総合学習で生きる力を  ―兵庫教育文化研究所「新学習指導要領の移行期における実践を考える講座」開催
7月3日(土)に「新学習指導要領の移行期における実践を考える講座2010 ~生きる力を育む総合学習~」を開催し、県内各地から約70名が参加しました。
第1部では、全国教研総合学習分科会共同研究者の善元幸夫さん(琉球大学教育学部講師)が「激動期の授業改革の実践と未来」と題して講演をおこないました。講演の中で善元さんは「従来の『教育課程』は『どう教えるか』という視点で編成されていたが、一人ひとりの学習の履歴としての『カリキュラム』という考え方が重要である」というとらえ方を示し、子どもを“詰め込みの対象”ではなく“学びの主体”としてとらえる必要があるとしました。「総合学習は静かな授業革命である」「豊かな発想をもち、授業で勝負しよう」というお話は、多くの参加者にとって「総合学習で生きる力を育む」という原点に立ち返る機会となりました。
第2部は「新学習指導要領下での総合学習」をテーマとして、善元さんとともに意見交流をおこないました。教科内容の増加や教科書のページ増についての考え方、小学校外国語活動と総合的な学習の時間の今後、総合学習の具体的な実践等様々な課題に話が及びました。
参加者からは「学習の中にはたくさんの無駄や試行・遊びが必要であると再認識した」「『教え』から『学び』への転換について考えさせられた」「正解主義にとらわれず、子どもを見つめながら授業づくりにとりくんでいきたい」などの感想が聞かれました。
研究所は『学力-子どもからはじまる教育-』(2008年刊)の中で、「子どもを中心にすえた学びは子どもの実態を見つめることからはじまる」と提起しています。今回の講座で得たことを生かし、目の前の子どもを深く見つめ、生きる力を育む総合学習の学びを子どもたちとともに創造し、子どもを中心にすえた授業改革をさらに具体化していきたいと思います。

兵庫教育文化研究所 第64回運営委員会・第79回研究所員会議 開催

兵庫教育文化研究所 第64回運営委員会・第79回研究所員会議 開催
兵庫教育文化研究所 第64回運営委員会・第79回研究所員会議 開催
兵庫教育文化研究所 第64回運営委員会・第79回研究所員会議 開催
兵庫教育文化研究所 第64回運営委員会・第79回研究所員会議を開催し、研究所員・協力研究所員・各支部教育研究委員会(教育研究所)代表等136名が参加しました。
昨年5月の運営委員会は新型インフルエンザへの対応のために中止を余儀なくされましたが、今年は無事に開催することができました。
運営委員会では、冒頭山名所長より「わたしたちのすすめてきた教育研究活動は今年で第60次を迎える。これからも研究成果を発信し続け、子どもを中心にすえた教育改革運動をすすめていこう」とあいさつがありました。
事務局からは経過報告のあと第60次教育研究活動の方針や夏の教育課程編成講座・秋の第60次兵庫県教育研究集会(ひょうご教育フェスティバル)のとりくみについて提案があり、「いきる つながる みちひらく ~自立と連帯・共生の学びと教育~」をメイン・テーマとして教育研究活動にとりくむこと、より一層保護者・県民に開かれた教育研究集会の開催をめざすことなどが確認されました。
教育講演会では兵庫教育文化研究所協力研究所員の田中定幸さん(綴方理論研究会)が「書きつづり、読み合うなかで育つ力」と題して講演をおこないました。田中さんは「書くこと・読み合うことの意味」「表現をとおして育てたい力」「文章に対する見方、考え方」などについて綴方指導の事例を示しながら説き、「教育は子どもの生活をしっかりと見つめることから始まる」としました。参加者からは「『ほんとうはだれもができるようになりたいのだ』という言葉に強く共感し、気になる子どもの姿を思い浮かべた」「子どもの見方・とらえ方の大きなヒントを得た」「書くこと・読むことが仲間とのつながりを生むようにとりくんでいきたい」といった感想が聞かれました。
研究所員会議は日本語教育・教育課程・学校行財政など19の部会に分かれ、それぞれの研究課題や年間活動計画について話し合いました。
教育研究活動のメイン・テーマ「いきる つながる みちひらく ~自立と連帯・共生の学びと教育~」には、大震災に学ぶ教育創造のとりくみを継承しつつ、生きる力を育み、共に生きる社会を具現化し、子どもが夢を持てる教育を実現していこうというわたしたちの強い願いがこめられています。子ども一人ひとりが輝くさらなる兵庫の教育の創造をめざし、教職員・研究者が一体となって実践にもとづく教育研究活動をすすめていきます。

>>過去のニュース記事はこちら