佐用町教職員組合

佐用町教職員組合News

佐用教組は、佐用町内の小学校4分会と、中学校4分会で構成されています。小規模な地域組合ではありますが、全組合員一致団結して日々の活動にとりくんでいます。

佐用町は、「佐用の朝霧」として全国的にも有名で、年間100日ほど発生するこの霧を一目見ようと多くの人々が訪れます。

2017年、町内に残る「利神城跡」が国史跡の指定を受け、「ホタル」や「ひまわり」、「美しい星空」に続く、観光の目玉としても地域の方々の期待を集めています。現在は、B級グルメとして有名になった「ホルモン焼きうどん」や「ひまわり畑」が人気スポットとなっており、1990年から始まった大規模なひまわり栽培は今年で30回目となります。夏には、毎年10万人を超える人たちが佐用に来られています。

2019年度の活動紹介

教育研究活動

『教育研究委員会総会』(2019年5月)

教育研究委員会総会および全10委員会の分科会を開き、年間活動計画を協議するなど、委員会代表者を中心に、さらなる発展を期して活動をすすめています。

『第69次佐用教組教育研究集会』(2019年8月)

保護者や地域の方々にも毎年多数参加していただき、各分会や地域リポーターのとりくみを発表し、意見交流をおこなっています。午後からは、加古川市内で小学校教員をされている前田千恵さんに「青年海外協力隊員としてネパールで学んだこと」と題して、ご講演いただきました。ネパールの教職員と協力しながら子どもたちと関わってこられた貴重な体験とともに、現地の人々の前向きな姿勢、一歩前にふみ出すことの大切さを教えていただきました。

女性部

『女性部学習会』(2019年8月)

毎年、女性部主催の学習会を開催しています。2019年度は、西嶋保子兵教組中央執行副委員長を講師として、兵教組女性部の歴史や教職員のための休暇制度、母性保護法等の諸権利について学習会をおこないました。今後も、学習会等を通して組合活動を推進し、次世代へ継承しようとする意識を高めていきます。

『母と女性教職員の会』(2019年11月)

マリンバデュオ ティエラ(可児麗子さん、今井忍さん)を招いて演奏会をおこないました。「剣の舞」や「コンドルは飛んでいく」、「ハンガリー舞曲」等、2台のマリンバが奏でる音色で心癒される時間を過ごすことができました。

青年部

『中西播地区別交流会』(2019年12月)

学校厚生会主催の「中西播地区別ふれあい交流会」に参加しました。他地域組合の教職員とキンボールで汗を流したり、日頃の実践・意見交流をおこなったりして交流を深め、協力体制を確立しました。

所在地

住所 〒679-5301 佐用郡佐用町佐用2312 教育会館
電話番号 0790-82-2507
050-3386-2507 〔IP電話〕